20代ですが掲示板で知り合った熟女と本気で付き合っています

私は20代の会社員で、恋人は掲示板で見つけた40代の熟女(明美)です。
女性と出会えるアプリを使うのは普通ですが、大抵は同年代か年下を選ぶものでして、私の行動はなかなか理解されないかもしれません。ですが、とある出来事により年上好きになった私は、若い子にはイマイチ興味がわかないのです。

小学校高学年の頃、私は友達の母親にいつもドキドキしていまして、その友達の家へ遊びに行く度に目で追っていました。とはいえ、この頃は「綺麗だなぁ」くらいの感情しかなく、それだけならそのうち興味もなくなっていたでしょう。

しかし、とある日にリビングで友達を待っている際、その母親を眺めていたら…短めのスカートなのに無防備にしゃがみ、私は水色のパンツに釘付けでした。ちなみに彼女は見られているとは思っていなかったようで、その後は何事もなく立ち上がったのですが…勃起していた私は、なかなかソファから立てなかったのです。

こうして年上の女性を性的な目でも見るようになり、私の関心は熟女へ集中するようになりました。だから社会人になって掲示板を使うようになっても、30代から40代にばかり声をかけていましたね。

ちなみにこういう掲示板で年上女性に声をかける男は、大抵が体目的らしいです。
実際のところ、明美も私が声をかけてきたときは「この子も、年上の人とエッチしたいのかなぁ」くらいにしか思っていなかったのですね。

しかし、なかなかエッチな会話をしない私を不思議に思い、明美は「とりあえず、1回だけ会ってみる?」なんて言ってきたのですね。私はそんな明美の本心も知らずに喜び、「やっと年上と付き合えるぞ!」なんて心を躍らせていました。

ただ、掲示板を使う熟女らしく、明美は私をそっち目的と思っており、「今日は本当にデートだけだからね?それ以上はダメだよ?」と念押ししてきました。たしかに年上を性的な目で見ている私ですが、本気で恋人にしたかったので、「なんでいきなりそんなことを…」と不思議に思っていたのです。

それからもセックスなしで何度か会っていると「ねえ、なんで私みたいなおばさんと会ってくれるの?」と聞いてきたので、ストレートに年上好きだと伝えました。
すると「すごい、本当にあなたみたいな子がいるんだ…」と驚かれたのです。

なお、それから体目的だと思い込まれていたことを告白され、その上でちゃんとお付き合いを開始しました。今では明美も私を好きになってくれているようで、最高のパートナーだと思っています。