いろんな方法でセフレ募集をしてきた私のオススメする探し方

性欲が強い男にとって、セフレ募集というのはライフワークみたいなものですね。
セフレを探す方法というのは時代によって徐々に変化していき、そのときどきによって最適な方法は変わっています。それに気付けないと、セフレと甘い時間は過ごせません。

ちなみに私は40代で、セフレ募集は若い頃から継続しています。
今はキープしている女性が2人ほどいまして、毎週のようにセックスができていますから、なんとか時代に合わせたセフレ探しができていると思いますね。

なお、セフレ募集を昔からしていると、いろんな方法も経験することになります。
昔から使われている方法も試しましたし、現代ならではの方法で誘うこともありました。
今回はそんな方法とオススメの探し方について、簡単に書いていこうと思います。

まずは王道の『ナンパ』ですが、これは今も昔もさほどオススメできません。
王道ではありますが効率的というわけではなく、それでも昔から存在しているのは『昔はほかに方法がなく、今現在はロマンを求める人がチャレンジするから』ですね。

基本的に、ナンパを嫌がる女性は多いです。
簡単にやらせてくれそうな女性を狙うべきとは言いますが、エスパーでもない限りは分かりません。つまり、『やらせてくれるかどうかも分からない相手へひたすら声をかける』という状況になりがちなのです。

次に『職場でのお誘い』ですが、これも微妙です。
実は職場における周囲のイメージというのは大変重要であり、これを壊すと一気に白い目で見られてしまいます。昇進できなくなるならまだしも、左遷されてしまうのは困りますよね?

そして職場という閉ざされた環境だとセフレ関係も周知されやすく、私もやらかしたことがあります。だからこそ、職場の女性をセフレに誘うのはオススメできません。

ほかにも『街コン』もありますが、これも今現在は廃れつつあるように、目立った成果は出せません。意外と人は集まるのですが、その分1人あたりに割ける時間も少なくなり、めぼしい相手をセフレにするのは至難の業でしょう。

その結果、残るのは『出会い系』となります。
出会い系もわりと昔からありますが、今現在は『役立つ大手サイト』と『まったく使えない無名サイト』に二分化されており、基本的には有名どころを使えば間違いありません。

出会い系ならやりたがっている女性を見つけやすく、周囲の目も気になりません。
それでいて街コンみたいな費用と時間はかからないため、今からセフレ募集をするなら出会い系しかないでしょう。