セフレ募集をしていた女性の目の前で寝ていたらパイズリで起こされてしまいました…

仕事で疲れていると、セックスしたらすぐに眠くなってしまいませんか?
セックス自体がとても疲れる行為ですし、射精すると頭がぼうっとしやすいので、出したら眠くなるというのは自然な反応とも言えるでしょう。

ちなみに私も仕事が忙しいため、休みの日以外はよくウトウトとしていました。運送業というのはブラックな印象が強いみたいですが、それは間違いではなく、私も運送なので毎日とてもきつかったです。給料がいいのが、唯一の救いですね。

そんな私の数少ない楽しみは、出会い系でのセフレ募集でした。仕事が忙しいので彼女もろくに作れず、セックスのチャンスもなかなかなかったので、出会い系で相手を探さなければやってられませんでしたね。

出会い系は仕事の休憩中でも使えるため、忙しい人でもセフレを作るチャンスがあります。実際に私も空き時間でコツコツ相手を探していたら、セフレ募集をしていたリホコ(仮名)という巨乳の女性をセフレにできました。おっぱいが大好きだったので、これはうれしいですね。

リホコは筋肉質な男性が好きなようで、仕事柄重い荷物を運ぶ私はなかなかいい感じに見えたらしく、腕の筋肉を撮影して送ったら会ってくれることになりました。初めて会う日は私の仕事終わりに決定し、「仕事終わりは疲れているけど、セックスできると思ったら頑張れるはず…」と自分に言い聞かせたのです。

リホコは巨乳なので少しふっくらとしていましたが、胸の大きさを考えたら太っているとは言えず、むしろムチムチしていてエロいです。スリムな子を追い求める男性は多いですが、スリムな人は胸も控えめなので、巨乳好きなら多少ふっくらとしていても気にすることはありません。

しかもリホコは自分からセフレ募集をしていたように、大変エロい性格です。「今日はたくさんしたいね」と言ってきたり「どんなプレイがしたい?」なんて聞いてきたり、とにかくセックスがしたくてしょうがないのが分かります。

ラブホテルに到着したらリホコも我慢できなかったのか、シャワーを浴びる前からスタートしました。騎乗位で動くと巨乳が揺れてすごくいやらしく、私はあっさりと出してしまったのです。すると「続きはシャワー浴びてからね♪」と言い、先に浴びに行ったのですが…。

私はそれを見送ると眠気に襲われて、少しだけのつもりで眠ってしまったのです。すると目が覚めたら朝…なんてことはなく、なんとリホコが私にパイズリをしていました。「あ、やっと起きた」と言いながらも胸でしごき続け、私のアレはすっかり元気を取り戻していたのです。

この日のセックスは疲れたもののすごく気持ちよくて、リホコとは今でも会っています。