嫁がぎっくり腰になったので掲示板を使うことになった話

私が結婚しているのに掲示板を使うことになった理由は、嫁がぎっくり腰になったからです…ちなみに原因は私でして、すごく申し訳ないという気持ちはあるのですが、どうも性欲には逆らえなくて…さすがに痛がる嫁に入れるのもアレですし…。

なぜぎっくり腰になったのかと言うと、私がバック好きでよく後ろから突きまくっていたからです。バックってすごくそそる体位ですし気持ちいいのですが、女性の腰にかなりの負担がかかるようで、何日か連続で求めたらついに腰がいってしまいました…。

何日も連続で求めてしまうように、私はすごく性欲が強いです。嫁はそれを知っているため「ごめん、しばらく相手できない…」と謝ってきて、むしろ私のほうが平身低頭で謝りました…性欲が強いのが自慢でしたが、今となっては本当に情けない限りです…。

情けないとは思っていますが、やっぱり性欲が強いとセックスを我慢するのもつらく、嫁がぎっくり腰になって数日が経過すると「ああ、もう我慢できない…」と思うようになりました。その数日間は罪悪感もあって、我慢できていたのですが…。

このまま我慢していると腰を痛めている嫁を襲ってしまいそうなので、やむなく掲示板を使うことにしました。性欲が強いと腰を痛めている相手であっても自制できなくなりそうで、本当に困りものでしたね…。

嫁に内緒で掲示板を使うのは、なかなか大変…ということはありませんでした。
腰を痛めている嫁からすればそれどころではないようで、私の動向にいちいち気をつけてられません。嫁には本当に申し訳ないですが、セフレと遊ぶには好都合でしたね…。

ちなみにセフレになってくれた女性とも、バックをメインで楽しみました。バック好きの女性ってあんまり多くないのですが、先に掲示板で聞いてみると「後ろからするのも気持ちいいよね!」となかなか乗り気だったので、大変助かりましたね。

セフレとは嫁みたいな頻度でセックスできないため、バックからでも遠慮なく突くことができました。後ろから入れると子供ができやすいと言われる分、女性にとっても強い快楽があるのか、とても気持ち良さそうに喘いでくれましたよ。

嫁相手と違って中出しはできませんが、セックスさせてもらえるだけでも本当にありがたくて、今でも相手をしてくれた女性には感謝の気持ちで一杯です。

現在は嫁もほとんど直っているため、ちゃんとセックスをさせてくれます。もちろん腰を痛めた経験があるため、正常位メインとなりましたが…。